酒類の表示の概要について

 食品表示法の制定により、従来、酒税保全法(酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律)等により規定されていた酒類の表示が食品表示基準に組み入れられました。ただし、その一方で、酒類の表示は国税庁所管の税の徴収にも係る表示事項が含まれるため、これらについては、従来どおりの表示を行うこととなります。

 酒類(業務用酒類を含む)を販売する場合、食品表示基準の特例として、義務表示の「原材料名」「アレルゲン」「原産国」の表示事項については、表示の必要はないとされています。また、任意表示の「特色のある原材料等に関する事項」についても表示の対象から除外されています。

<しょうちゅうの表示例>

品目 単式蒸留しょうちゅう
原材料 麦、米こうじ(国産米)
アルコール分 25度
内容量 720ミリリットル
製造者

株式会社OO酒造
OO県OO市OO町O-O-O

必要な表示事項 食品表示基準以外の法令等
品目 酒税保全法
原材料 公正競争規約・業界自主基準
△原料米等の産地表示
※米を原材料とするもの
米トレーサビリティ法
添加物  
アルコール分 酒税保全法
内容量 計量法・酒税保全法
製造者等 酒税保全法
未成年者の飲酒を禁止する旨 未成年者の飲酒禁止に関する表示基準
法規表示