アレルギーとは

 アレルギーとは、食物を摂取した際に、人によっては、食物に含まれるある特定のたん白質が体内で異物と認識されて、異物を排除するための機能が働くことにより過敏な反応状態を起こし、その結果、さまざまな形で本人にとっては好ましくない症状に至る状態をいいます。

 主な症状に、「かゆみ、じんましん、唇やまぶたの腫れ、嘔吐、喘鳴」等があります。さらに、重篤な症状として、意識消失や血圧低下、全身発赤等のアナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。

コーデックス委員会と国内のアレルギー表示品目対比表

 食品へのアレルギー表示は、国際的にも進んでいます。アレルギー表示に関するルールは、FAO/WHO合同食品規格委員会(コーデックス委員会)の総会で合意されています。コーデックス委員会で表示された表示対象品目と、国内で表示が必要と判断されている品目を下記の図表にて記載しております。

平成27年4月現在

コーデックス委員会が示す8品目 国内で定められたアレルゲンを含む食品

@省令で表示義務

(特定原材料)

A通知で表示を推奨

(特定原材料に準ずるもの)

グルテンを含む穀物およびその製品 小麦  
甲穀類およびその製品 えび、かに  
卵及び卵製品  
魚及び魚製品   さば、さけ
ピーナッツ、大豆及びその製品 落花生 大豆
乳、乳製品(ラクトースを含むもの)  
木の実及びその製品   くるみ、カシューナッツ
亜硫酸塩を10mg/kg以上含む食品    
そば 牛肉、豚肉、鶏肉、ゼラチン、あわび、いか、いくら、やまいも、まつたけ、オレンジ、キウイフルーツ、もも、りんご、バナナ、ごま
法規表示