機能性表示食品について

機能性表示食品の定義について

  1. 名称は機能性表示食品
  2. 疾病に罹患していない者(未成年、妊産婦(妊娠を計画しているものを含む。)及び授乳婦を除く。)に対し、機能性関与成分によって健康の維持及び増進に資する特定の保険の目的(疾病リスクの低減に関わるものを除く。)が期待できる旨を科学的根拠に基づいて容器包装に表示をする食品。ただし、特別用途職位hん、栄養機能食品、アルコールを含有する飲料、ナトリウム・糖分等を過剰摂取させる食品は除く。
  3. 当該食品に関する表示の内容、食品関連事業者及び連絡先などの食品関連事業者に関する基本情報、安全性及び機能性の根拠に関する情報、生産・製造及び品質の管理に関する情報、健康被害の情報収集体制その他必要な事項を版美美の60日前までに消費者庁に届け出る。

機能性表示食品の表示事項について

横断的な義務表示事項のほか、以下に関する表示を義務づけています。


*「科学的根拠を有する機能性関与成分及び当該成分又は当該成分を含有する食品が有する機能性」については、例えば「本品にはA(機能性関与成分)をOmg含みますので、Bの機能があります。」「本品にはA(機能性関与成分)をOmg含みますので、△△を□g/日程度摂取している方のBに役立つことが報告されています。等と、含まれる機能性関与成分と期待できる機能を表示します。」


表示が可能な例

  1. 容易に測定可能な体調の指標の維持に適する又は改善に役立つ旨
  2. 身体の生理機能、組織機能の良好な維持に適する又は改善に役立つ旨
  3. 身体の状態を本人が自覚でき、一時的であって継続的、慢性的でない体調の変化の改善に役立つ旨

※「診断」「予防」「治療」「回復」「緩和」「処置」等の医学的な表現は使用できません。
※身体の特定の部位に言及した表現は可能です。

認められない表現例

  1. 疾病の治療効果又は予防効果を暗示する表現
    (例) 糖尿病の人に、高血圧の人に 等
  2. 健康の維持及び増進の範囲を超えた、意図的な健康の増強を標ぼうするものと認められる表現
    (例) 肉体改造、増毛、美白 等
  3. 科学的根拠にもとづき実証されていない機能性に関する表現
    (例) 限られた免疫指標のデータを用いて身体全体の免疫に関する機能があると誤解を招く表現

その他、機能性表示食品についての詳しい内容については消費者庁発行の資料をご確認ください。
「機能性表示食品」制度が はじまります!」(PDF)
「機能性表示食品」って何? 」 (PDF)

法規表示