入稿データについて

ご用意していただくデータについて

ご用意していただくデータについて

完全データ入稿を行われる際の必要事項についてご説明いたします。
下記の内容をよくご確認の上、入稿データを作成下さい。
※データの不備によるトラブルは、ご発注されるお客様の責任となります。


入稿データ形式

入稿データは、印刷物のデザインを作る際に使用される、
Illustrator(イラストレーター)のaiデータにて作成してください。

データ入稿形式
基本的な注意事項
イラストレーター以外の場合

指定データ以外のご入稿について

完全入稿データであるIllustrator(イラストレーター)のaiデータやPDFデータをお持ちでないお客様、及びaiデータの作成が不可能なお客様で下記のソフトで作成されたデータに関しては、弊社にてデータの変換も対応しております。
(※別途費用発生)


【対象データ】
Word ・ PowerPoint ・ 一太郎 ・ 画像データ ・ PhotoShop(フォトショップ)

データチェックについて

【データチェックとは】

ご入稿いただいたデータが印刷可能なデータになっているかをチェックします。
具体的には、

等についてチェックをさせていただくサービスです。


※文字や色についてのチェックではありませんのでご注意ください。
 万一不具合があった場合には、直ちにお客様にご連絡させていただき(主としてメールでのご連絡となります)
 修正の上再度データをご入稿いただく形となります。

色の塗りたし処理

『化粧箱つくる.net』のサイト上でダウンロードいただいた木型展開図データを、Illustratorで開きます。
展開図に合わせてデザインデータを乗せていただく事になりますが、
印刷・加工の際に発生する多少の「ズレ」を想定し、図面に対して、下図のように必要な塗り足しを付けてください。


色の塗りたし処理

色の塗りたし処理

異なるデザインの逃げ処理

フタ部分と側部分のデザイン(柄や色)が異なる場合は、双方共に斜めに逃げの処理をしてください。

異なるデザインの逃げ処理

文字等の内容デザイン範囲

切れてはいけない内容(文字情報・JANコード等)
は仕上りから最低3mm以上内側に納めて下さい。
仕上りギリギリに配置しますとトムソン抜きの際、
若干のズレにより内容が切れてしまう恐れがあります。

異なるデザインの逃げ処理

ニス抜きについて

完成した化粧箱に、後から賞味期限等の表示情報を印字するマドがある場合は、その部分のニスを抜いてください。
※耐摩プレスコートはニス抜き不可となります。

箔版作成について

箔版作成について

箔押し加工がある場合は、通常のデザインデータとは別に、箔版作成用の箔版データも必要です。
図面上に箔押し部分のデータのみを黒1色で残したデータをご用意いただき、
通常のデザインデータと一緒に入稿ください。

箔版作成について

ホワイト(白)版作成について

色紙やミラックスのような鏡面的なホイル紙等の場合、紙の地を生かさず色を乗せたい部分や、あえて白にしたい場所には、白インキを引く事になります。この場合も、箔版同様、通常のデザインデータとは別に、白インキ用の版データが必要となりますので、ご用意ください。

ホワイト(白)版作成について

アピアランス効果は分割しない

「アピアランス」を使用されている場合、データを分割してしまうと、印刷用製版データの作成時に、特色用データへの色変換等ができなくなってしまいますので、分割せずにそのまま保存してください。

アピアランス効果は分割しない

配置画像データについて

画像のカラーモードは、基本的にCMYKでお願い致します。RGBでも入稿いただけますが、CMYKとRGB両方のデータが混在する事は避けてください。
解像度は400dpiもしくは450dpiにてお願い致します。

色の設定(合計パーセンテージ)

色の設定(合計パーセンテージ)

プロセスカラー印刷の場合、CMYKの合計値は350%が限界値となります。4色を掛け合わせて深い赤や深い緑などの色を設定される際は、合計値が350%以下となるパーセンテージで設定をお願い致します。